2009年12月12日

親子酒

寿輔師匠は12月上席、浅草ご出演でした。
(19時45分くらい)

12月10日楽日に出掛けて参りました。
お得意のいつもの客いじりを封印。簡単なマクラもそこそこに、すぐにお酒を飲むシーンの馬鹿にていねいな「親子酒」に。

「ウイ・・ウイ・・ウイ・・ウイ・・・・・・ウイイイイイイ・・・・・ふーううううう・・・はあああああー久し振りだと・・・五臓六腑に・・・沁みわたりますよ・・・ねえ・・・ばあさん・・・」

息子が帰ってくるまでに寿司屋から貰った湯呑でもって6〜7杯。しかも、飲むたびにどんどん酔いが回り崩れてくる。「うまいっ」という声、時々起る拍手・・・・師匠にしては珍しく落語に身が入った「親子酒」を聞いた。



ほかに、鯉 昇「こんにゃく問答」桃太郎「ケメヅカ(君塚)温泉(別名春雨宿)」笑遊「不動坊」金太郎「勘定板」歌若「鈴が森」
タグ:噺家列伝
posted by 逆襲亭ゴジラ at 04:11| Comment(0) | 寄席レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。